あなたが居る場所

内に潜む声はいくつものからくりを隠しています
自分が信じたものにすら
自らを刃で貫き
力を使えなくします

いったい人はどれほどの
刃を自らに浴びせたことでしょう

そのたびに力は失われるというのに
それにも気づかず
思いの内を彷徨います

痛みの声を聞いたことはあるのでしょうか
あなたの中の悲鳴を
受け止めたことはあるのでしょうか

あなたを幸せにしてくれると信じた声は
本当にあなたを幸せにしてくれたのでしょうか

あなたは耳を傾けました
自分が求めるものへ
導いてくれると信じたからです

その声はあなたを虜にします
あなたは幸せな夢に溺れます

あなたはまるで地面がないのに
あると信じて歩くような
声の操り人形です

あなたは気づきません
自分がいる場所も
信じるものの不確かさも

心はあなたが愛しくて
あなたの場所へ連れ戻そうとします

心はあなたに証を刻みます
あなたが気付くように
あなたを守るために

あなたがあなたに振り向くように
あなたが自分を取り戻すように

たとえあなたが
力を失ったと感じているそのときも
あなたはゆりかごのような愛に揺られています

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類

静かな手

人の思いが、その心を知ることはありません
あいまいな真実は
まるで実体のない絵空事のようです

心の放つ豊かな日差しを受け取りながら
他の答えを探すのが恐れの作用です

心はあなたを抱きながら
あなたの相反する思いの表れに
いくつもの手を差し伸べます

あなたはその手にひかれることを恐れます
あなたは奪われることを恐れます

あなたは自分には大切なものがあると信じます
あなたの高鳴る生命の鼓動よりも
あなたに降り注ぐ暖かな日差しよりも

 
あなたはあなたが何を求めているのかにも気付かず
あなたの答えを探します

あなたが得たもの
それはあなたの答えと言えたのでしょうか

あなたは満足して
次の満足を探すのでしょうか

果てしないその道を
あなたは知っているはずです

どれほど費やしたか
あなたが覚えているからです

あなたが立ち止まって
心の声に耳を澄ませたとき
あなたは気づきます

あなたを包む柔らかなぬくもりが、あなたの探したものだったと
あなたの明るい眼差しが、あなたの求めたものだったと

あなたは立ち止まって気づきます

あなたがあなたの心に寄り添うのではない、
あなたの心があなたに寄り添っているのだと

あなたはいつも、優しい手に守られています

 

 

カテゴリー: 未分類

届かない声

私たちの心を覆う欲望には、二つの苦しみがあります
一つは自分を顧みることが出来ないこと
そしてもう一つは奥深くから聞こえてくる抵抗に抗えないことです

あなたは、否、と言うのです。
いつものように横をむいて

あなたの心は蓋をされて抜け道を探します

あなたは知らないと言うのでしょう
耳をふさいで
目を閉じて

罪の意識はあなたを救ってはくれません

あなたはまるで他人のように
自分の心を素通りします

待って、と声がします
何度も何度もあなたに話しかけてきます

あなたは耳を貸しません
あなたは苦しみに気付かないふりをします

何度も何度も
何度も何度も
あなたは自分の声を無視してきました

それでもあなたの心はあきらめません
あなたが振り向くのを待ち続けます

まるでわが子を愛しむように
あなたの心に灯をともすのです

あなたは気付いているでしょうか
あなたの中からぬくもりが消えたことなどないことを

あなたはいつだって
あなたの心に抱かれています

カテゴリー: 未分類

ネガティブという名の夢

心の奥に潜む私たちの声には、
偽りの自己処罰が往々に見られます。

救いの声は他者に
嘆きの声は天に
私たちの心はざわめき騒ぎます

そんなネガティブな夢を私たちは見ています。

私たちに処罰する自己など存在してはいません。
心の中に潜むのは、
ネガティブな夢に酔いしれようとする快楽なのです。

なぜなら、それが力を与えてくれると錯覚するからです。
誰かの愛や
誰かの助けが
自分にもたらされるに違いないという
そんな錯覚に陥らせて、ネガティブに固執させてしまうのが
私たちというegoの働きと言えるでしょう。

このネガティブな夢に酔いしれるうちは
私たちの心はただ翻弄されるだけで
終わりのない時間を旅し続けるようなものです。

誰があなたを目覚めさせてくれるというのでしょうか。
周りの誰かが?
それとも神や天が?
それとも運命が?

あなたのその旅を終わらせてくれるというのでしょうか。

ひたすら願い
ひたすら祈り
ひたすら叫んだとしても

誰も終わらせることなんてできないはずです。

なぜなら、あなたが選んでいるからです。
その終わりのない旅を続けることを。

私は「さあ」とは言いません。
もう終わりにしましょう、とは言えません。

このブログを読んだところで
あなたの旅を終わりにする方法は書かれていません。

ただ、私が言えることは、
あなたがそこに居ることを、あなた自身が知っている、
ということだけなのです。

あなたの叡智は、あなたの想像をはるかに超えて
いつも最高のあなたへと創造の道を示しています。

 

カテゴリー: 未分類

生きづらさの理由③

こんにちは!いつもご訪問を有難うございますヾ(*´∀`*)ノ
最近は“ エネルギー心理論 ”という独自の研究を進めており、このブログも変わりつつありますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

RFT(Resistant Freedom Therapy®)にご興味のある方はこちらへ
☞ RFT公式ブログ【RFTで出来ることシリーズ】(ブログ小説)もご紹介しています!
☞ RFT講習会はこちらへ ☞ レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン

さて、今回は、“ 流輪波(りゅうりんは) ” という手法について
お話をさせて頂きたいと思います。

この “ 流輪波 ” という名前は、私たちの体に何百もあると言われる、
“ チャクラ(体の渦)の流れ ” に由来しています。

エネルギーというと、“気”という言葉を遣ったりしますが、
ここで “ 波 ” という字を当てたのは、“動き”を表現しているからです。

エネルギーは常に流れており、私たちの体で言うなら、
(ご説明するのは難しいところなのですが)
“体”の内面は多くの複雑な層に分かれており、
その層にはそれぞれに相応しいエネルギーの流れ(動き)方があります。

このエネルギーの層には、各層ごとに吹き出し口なるものが付いていて、
そこから自然に感情などのエネルギーが流れ出て、
いつも風が吹くように心地良く過ごせるのが本来の体の在り方と言えます。

そして、その吹き出し口こそが、よく耳にする“チャクラ”であり、
このチャクラは、詰まっている状態では渦を描きながら存在しています。

その渦によって、感情などのエネルギーが流れ出ず、
内側で溜まり続けることになります。

各層に溜まった感情などのエネルギーは堆積し、
それによって体が重く感じ、
気分(心境)はその重さに引きずられ、
何だかとても生きづらい気分にさせられてしまいます。

流輪波(りゅうりんは)というアプローチは、
この吹き出し口の流れを詰まらせているエネルギーを
Touch my Voice(心の声に触れる)というエネルギーワークと
RFTというセラピーテクニックを組み合わせることによって昇華(融合)させ、
層に溜まっていたエネルギーを外に流し出します。
それは波形のように動きながら、開いた吹き出し口から最初はどっと流れ出ます。

そして、流輪波を行うことで、
チャクラの渦は止まり、
以来、吹き出し口(チャクラ)の本来の機能を果たし始めるのです。

セミナーやセッションの機会などに、
「体がスース―して気持ち良い!」
「爽やかミントの風が吹いているようです」
「体が温かい」
などのご感想を頂くことがありますが、
これらは、エネルギーが自然な流れに戻ることで、
体が本来の機能を取り戻していると言えると思います。

よく「ストレスが溜まる」「疲れが溜まる」「不満が溜まる」などと言いますが、
では、「どこに溜まるのか?」という問いに答えられる人は多くないと思います。

心と体のつながりは、簡単に説明できることでも解明できることでもありませんが、
セラピーを通した、この体が軽くなる体験は、
同時に心が軽やかになることで、
何が自分に起こっているのかを知り得る機会となるに違いありません。

流輪波ではチャクラを輝かせて、
滞っていた生命エネルギーを躍動させることが出来るので、
何だか知らず知らずウキウキしてきます。

ああ、もう大丈夫。
どんなことがあっても、大丈夫。
生命エネルギーの輝きは、
心の羅針盤のように私たちの在り方を示してくれることでしょう✨

💛               💛               💛

現在、個人セッションの受付を締め切らせて頂いております。
尚、基礎コースへご参加頂いた方には、
オンラインzoom練習会でミニセッションをさせて頂いております。
ぜひこの機会をご利用下さいませ♪

レジスタントフリーダムセラピーの体験談はこちらです ☞ http://matrixrft.blog.fc2.com/

RFTセラピストの皆さまはこちらです    ☞  セラピスト紹介ページ

カテゴリー: 未分類

生きづらさの理由②

こんにちは。 Matrix Core Transformation 佐藤純子です。
昨日は勢力の強い台風が通り名古屋でも凄まじい暴風雨が吹き荒れました。
被害を受けられた皆様が穏やかな日々を取り戻されますよう心から願っております。

RFT(Resistant Freedom Therapy®)にご興味のある方はこちらへ
☞ RFT公式ブログ【RFTで出来ることシリーズ】(ブログ小説)もご紹介しています!
☞ RFT講習会はこちらへ ☞ レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン

さて、今日もご訪問を有難うございます♪
今回も「生きづらさ」について、お話させて下さい。

実は、私はこうした “心の世界” に足を踏み入れるまで、長年「生きづらい」と感じていることすら気づかないで日々を過ごしておりました。その頃は思考がすべてでしたから、「こういう風に考えよう」と都合よく自分を納得させる方法しか知りませんでした。

それは、例えば人間関係や起こってきた出来事を「これしかなかった、これで良かった」と意味付けしたり、他の人に「それが正しかったんだよ」と正当化してもらったり、ただ激しく他者や自分、運命や世界を責めて引きこもったり、そんな生き方です。

そんな中で出会ったセラピーツールから、私のワークはRFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)へと移っていきました。
RFTというのは、感情や思いなどのエネルギーを客観的に見つめて進めること、またエネルギーが動くことを体感的に理解しやすいセラピーツールなので、
物事(または他者・自分)への自分自身のとらえ方や意味付けなどが、セラピーをするだけで変化していくうちに、自分自身も他者も…いえ、すべてがエネルギーだということが、感覚的に腑に落ちてくるようになりました。

そのうち、私たちという個の存在は「エネルギーで決まっている」のではないか?という推論を抱くようになりました。

それがどういうことかと言えば、
例えば、“人が寄ってくる人・離れて行く人”、“利用する人・利用される人”など、人には「エネルギーの形状(質)」のようなものがあって、それが影響しているのではないかと考えるようになってきたのです。

同じことをしても、離れる人と離れない人がいるとしたら、その違いは何だろう?
想像に易いのは、一緒に居るときの居心地の良さ悪さを想定して「他者が離れていく人」はギザギザで、「他者が寄ってくる人」は滑らかな感じですね。
(ちなみに、囲い込むエネルギーというのもあるので、“人が寄ってくる”・“離れない”という状況だけを基準にして捉えることは出来ません。)
また利用する人・される人などは、前々回の「エネルギーに見る付け入る人・付け入られやすい人」を参考にして頂ければお分かりいただけると思います。

私たちが一般的に「あの人は楽しいから人が寄ってくる」「あの人にはああいうことがあったから、人が離れて行った」「あの人は人が良いからすぐに利用される」などと思考で当てはめて意味付けしていることのすべては、実はそこに起こっていることは、ただ「エネルギーの形状(質)」だけではないだろうか?と、未だ研究中ですが、私は本気で考えています。

その研究のプロセスで生まれたのが、前回お話しした「天咲波(てんしょうは)」という、その人に相応しいエネルギーを開く手法です。

その「天咲波」から見えてきたことは、誰もが「自分に相応しい自分だけの素晴らしいエネルギー」があり、他の誰かになろうと追いかける必要も、他の誰かと自分を比べる必要もない、「私たちは自分自身で満たされている存在だ」という単純明快な答えでした。

例えば、つい最近分かったことですが、“お金”で言うなら、億万長者が合っているエネルギーと、千万長者や百万長者(長者と呼べるか分かりませんが^^;)の方が合っているエネルギーの人があります。
天咲波は、そういった “お金とのバランスをとる” エネルギーを意図的に開くことも出来ますが、それがその人に相応しくなければ必要ないと分かるのです。

そして、その人が生き生きと輝く大切な生き方、大切な自分だけのエネルギーがあることを教えてくれます。
意図して開かなくても、自分に相応しいエネルギーを開いていくうちに、お金に関するエネルギーも自動的に(必要なだけ)開いていきます。

私たちはつい大金が入ることを良しと考えがちですが、合っていない人にたくさんのお金が入った場合、エネルギーバランスを崩して、健康を害したり、人間関係に影響が出たりすることもあり得ます。

そういう場合…、たくさん入り過ぎた場合や、たくさんのお金を得ることが幸福や自己価値に繋がるという思いがある場合には、しっかりと自分を見つめエネルギーバランスを整えることが大切だと思います。

am500_pl075.jpg

ですから、生きづらさの理由を考えた場合、
やはり自分に相応しいエネルギー(生き方)を知る機会なく、「自分にとって、合わないもの(自分に不要なもの)を求めたり、合わない生き方をしようとしている」ということだと思うのです。

と、こうして文章にすると、一般的な話しのようですが、
力説したいことは、「天咲波」は自分に相応しいエネルギーを自分で知ることが出来て、なおかつ自分に必要なだけ開くことが出来るので、そのこと(誰しも自分に合った生き方があるということ)が腑に落ちて分かるようになる、というところです。

エネルギーの私たちというのは、とても繊細で、
またいつも活動して躍動している存在でもあるため、
エネルギーバランスを整えるのは簡単ではないと思うのですが、
「流輪波(りゅうりんは)」(次回ご説明します)という手法とともに、
「天咲波」は、唯一無二の自分を知ることが出来て、
エネルギーを整えるのに、優れモノの手法だと私は考えています。

いよいよ今月から始まる、TMV系セミナー(※)も、徐々に広がっていくと思います。

誰よりも大切なご自身を、愛しく受け止めて頂く機会となりますよう、
多くの皆様に役立てて頂けますことを心より願っております✨

 

※TMVとは、“Touch my Voice”(心の声に触れる)は、RFTを進めるうえで、生きづらさの原因を一瞬で感触でとらえるエネルギーワークで、「流輪波」「天咲波」は、その上級編です。
ご興味のある方は、以下のページをご覧ください。
http://www.resistantfreedomtherapy.com/seminar.html

💛               💛               💛

現在、個人セッションの受付を締め切らせて頂いております。
尚、基礎コースへご参加頂いた方には、
オンラインzoom練習会でミニセッションをさせて頂いております。
ぜひこの機会をご利用下さいませ♪

レジスタントフリーダムセラピーの体験談はこちらです ☞ http://matrixrft.blog.fc2.com/

RFTセラピストの皆さまはこちらです    ☞  セラピスト紹介ページ

カテゴリー: 未分類

新説:生きづらさの理由①

こんにちは。 Matrix Core Transformation 佐藤純子です。
暑い日が続きますが、みんなで元気に夏を乗り切りましょう☀

RFT(Resistant Freedom Therapy®)にご興味のある方はこちらへ
☞ RFT公式ブログ【RFTで出来ることシリーズ】(ブログ小説)始めました!
☞ RFT講習会はこちらへ ☞ レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン

さて、いよいよ来月から新しいセミナーがスタートします。
そこで、今回は、ご紹介もかねてお話しさせて頂きたいと思います。

新しく始まるセミナーとは、
” Touch my Voice”(心の声に触れる) という名前のエネルギーワークです。

RFT(Resistant Freedom Therapy®)と組み合わせて使うため、
RFTを受講された方はどなたでもご参加頂けます。

まさに、エネルギーそのものを手の触感を通して感じ取るもので、
例えば、「○○に腹が立つ」「人と接するのが苦手」「食いしばり」「不眠症」などのようなテーマがあるとして、その原因となっているエネルギー(コア・ビリーフなど)を一瞬で探し出せる可能性を秘めています。RFTをおこなうための、入り口探しのワークと言えるものです。

さて、その” Touch my Voice”(以下TMV)の上級編に、
「天咲波(てんしょうは)」という手法があります。

今回のタイトル「生きづらさの理由」は、この天咲波でご説明したいと思います。

私たちは、みな、誰しもが素晴らしいエネルギーを秘めています。
しかし、残念ながら、それらのエネルギーが開かれていない方が殆どではないでしょうか。

本来開いているはずの、自らのエネルギーが開かれていない、ということは、
生きているだけで、閉鎖感・閉塞感の状態なので、
このことに気づいたときは、まるで箱の中に閉じ込められて生きているのと同じだったのではないか、とすら思えました。

自分が閉じてしまっているゆえに、
傷つきやすく、痛みやすく、孤独で、
何を、どう生きれば良いのか分からず、
自分が何を求めているのかも分からず…、

そういう状態だと、生きづらさを感じずにはいられない、ということを、
お分かり頂けるのではないか、と思います。

天咲波は、そこに可能性を見出した手法で、
エネルギーの法則にのっとり、TMVとRFTを組み合わせて開きます。

このエネルギーの法則、というのは、
RFTで開くための、エネルギーの決め事・決まり事です。
きっと他の方法もあるのだろうと思うのですが、
RFTにはRFTのやり方があり、これを守らないと開けないようなのです。

すべての人が、それぞれ開くエネルギーが違い、
どのエネルギーにもわくわくするような、とても素敵な名前がついています。
そして、さらに心躍るような気持ちになることは、
そのエネルギーが成長し続ける、というところです。
長い時間をかけて、緩やかに変化を起こしてくれる可能性があるのが、
このエネルギーの特長です。

実は、天咲波を開いても、何がどう変化したか?は分かりにくいのですが、
顔写真を撮っておかれた方から、
「セッションの前後で顔つきが変わった」
というご報告を頂くこともあります。

閉鎖感・閉塞感の閉じ込められた箱の中から、より自由な自分を取り戻す、
天咲波は、私の大好きな手法です。

ちなみに、なぜ “天咲波(てんしょうは)” という名前かと言えば、
まず、エネルギーの形がお花の形をしていることが多いためであることと、
“咲く” という言葉の意味が、“天に向かって、その恵みを感謝して笑う” といわれ、
天も私なら、咲くのも私で、最高の花(エネルギー)を咲かせるという意味をこめています。

とは言っても、エネルギーに書かれていた名前なので、
私はそれを読み取っただけ、なのかも知れませんが…。

新しいセミナーが始まれば、
今後は、「天咲波」をセッションメニューに取り入れて下さるセラピストさんも増えてくると思いますので、RFTをご存じない方も、機会があればぜひ体験してみて下さい。

私たちに眠っているたくさんの素晴らしさを取り戻すことが出来ますように、
そして、RFTが心豊かな社会のために、どうかお役に立てますように✨

💛               💛               💛

現在、個人セッションの受付を締め切らせて頂いております。
尚、基礎コースへご参加頂いた方には、
オンラインzoom練習会でミニセッションをさせて頂いております。
ぜひこの機会をご利用下さいませ♪

レジスタントフリーダムセラピーの体験談はこちらです ☞ http://matrixrft.blog.fc2.com/

RFTセラピストの皆さまはこちらです    ☞  セラピスト紹介ページ

 

カテゴリー: 未分類