癒しの旅の終わり(一つの到達点)

こんにちは! Matrix Core Transformation  Navigator  佐藤純子です!

今日もご訪問に感謝します♪

またまた、体験談をお送りいただきましたので、ご承諾のうえ、ご紹介をさせて頂きます。

今回体験談を送って下さった方は、これまで他の様々なセッションで癒しをされて来られて、最近、Matrix Core Transformationを受けて下さいました。

すべてskypeのセッションでした。私の(一方的な)印象では、1~5回目は、淡々としていたり、遅々としていたり、一気に解放されたり、各回が紆余曲折がありながらスパイラルのように癒しが進んでいる感じでしたが(セッションの多くはそういう感じです)、6回目のセッションの終盤になって、パソコンの画面上からも、お声掛けするのもためらうような厳かな雰囲気が漂い、そして静かに癒しの旅を終えられました。

私はずっと、癒しの旅に終わりはないと思ってきましたが、問題がゼロになるとか、ハッピー尽くしということではなくて、何かひとつの “区切り” のような、ある到達点があるのではないか、ということを今回学ばせて頂きました。

・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・

今まで様々なセッションを受けてきて、日常生活をそれなりに穏やかに送れるようになって来た頃、ご縁があり、純子さんのセッションを受けさせていただきました。扱っていただいたのは、底の底、ずっと深いところにある、消えそうにない寂しさでした。

6回目のセッションで、不思議なことが起こりました。終盤、ある扉をくぐると、そこにはお釈迦様の姿をした自分が驚くほどハッキリと見え、「よく頑張ったね。もう(癒しの旅は)終わりだよ。一緒に次のステージに行きましょう」と声をかけられました。

そしてお釈迦様と共に次の扉を開けると、とても強い光が放たれ、二人の姿が見えなくなりました。

しばしの沈黙の後、真っ暗な闇の中で、ただ一人座っているお釈迦様の姿が。暗闇さえも従えるかのように、静かに穏やかに、厳かに座ってらっしゃいました。そして、私の中心部へと、降りてきてくださいました。

これからずっと、共にいてくださるのだと感じています。

・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・

素晴らしい体験談を有難うございました。

私は、“Matrix Core Transformation”は、“その方の「核の部分」で変容を起こす”、という意味に捉えています。カウンセラー養成コースの師でもある溝口あゆかさんが名付け親で、本当によくこんな相応しい名前を付けて下さったものだと感心するとともに感謝しています。(ちなみに溝口あゆかさんは私のMatrix Core Transformationは受けておられませんが、ご自身の癒しの体験で同じ世界での癒しを経験されておられます)

癒しが進む中で起こる変容。それは、潜在意識の奥深くと言っても自分自身に他なりません。辿り着いたところから変容が始まります。

さあ、あなたも、内なる変容の旅を始めてみませんか?

💚                 💚                 💚

お申込み先はこちらです ☞ お申込みフォーム

セッション料金はこちらをご覧ください ⇒ セッション料金のページ

広告
カテゴリー: Matrix Core Transformation体験談 パーマリンク