自分を無いものにして生きるとき

こんにちは!Matrix Core Transformation 佐藤純子です。
今日もご訪問に感謝いたします♪

RFT講習会のサイトはこちらです  👉  Resistant Freedom Therapy Japan

名古屋講習会(2017/4/1-2)の募集を開始しました 👉  RFT名古屋講習会お申込みフォーム

さて、今回も、セッションやセルフワークを通してみえてきたものに触れてみたいと思います。

私たちは、まったく知らないうちに、
心の奥深くで、自分を無いものにして生きている、ということがあります。

本来は自由に、
屈託なく、
無邪気に、
自分自身を表現できるはずなのに、

そんな自分を深く深く閉じ込めて、
他者を受け入れ、
他者に従い、
自分を無いことにしてしまいます。

そういった場合は、
やりたいことも、自分の気持ちもよく分からなかったり、
なんだか自信が持てなかったり、
誰か(何か)に摑まろうと、すがるものを求めたり、
どこか不安定さを抱きながら、
薄い自分感覚を生きています。
しかし、ほとんどの場合、そんな自分にすら気づかないと思います。

セッションでは、潜在意識への問いかけから、
深いところに抑圧されていたセルフイメージにたどり着いた後に、
セラピーによって気づくことがあります。

私自身は、“他者には有るのに自分には無いもの”の感覚を見つめていくうちに、
そのイメージにたどり着きました。

そして、そこからResistant Freedom Therapy®を進めていく中で、
そういった状態であることの理由が見えてきました。

他者に受け入れられる自分を目指し、
他者に従う自分で居れば、
皆から愛され、より良く生きられると信じたからです。
そのためには、自分が有ってはならなかったのです。

私たちを取り巻く環境や状況は、
この世界で勝ち抜き、生き残っていくための策を、まるで私たちに示しているかのようです。だからこそ、それが表面上では、どれほど苦しみとなっていても、
潜在意識では最善の選択であり、
そこには、それだけの理由が隠されています。

am500_pl023

その思いを紐解き、
もう自分を閉じ込める必要がなくなったとき、
私の場合は、まるで大きな木が内側からぐぐっと伸び育つように、
自分の “芯” が私の中央に収まりました。

やがて、自分の在り方も変化を始めました。
その体験によって、過去の自分が、どれほどの不安定さだったかも分かります。

Resistant Freedom Therapy®は、
あなたの生き方、在り方を土台ごと変えてしまうかも知れません。

私たちに秘められた力は計り知れません。
セラピーは、内なる力を開くツールであると思います。

 

💛               💛               💛

現在、個人セッションの受付を締め切らせて頂いております。
ご検討下さっている皆様には大変申し訳ございませんが、しばらくお待ち下さいませ。

レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン ☞  http://www.resistantfreedomtherapy.com

レジスタントフリーダムセラピーの体験談はこちらです ☞  http://matrixrft.blog.fc2.com/

RFTセラピストの皆さまはこちらです    ☞  セラピスト紹介ページ

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク