見知らぬ相手、見知らぬ私

こんにちは!Matrix Core Transformation  佐藤純子です。
今日もご訪問を有難うございます☘

RFT講習会のサイトはこちらです  👉  Resistant Freedom Therapy Japan

RFT基礎(自己の癒し)コースの案内ご希望の方は
こちらのフォームからお申込み下さいませ 👉  案内メール申し込みフォーム

私がEFT(Emotional Freedom Technique)というエネルギー心理学に分類されるセラピーテクニックに出会って、5年が過ぎました。
運命の出会いでもあるかのように惹きこまれ、夢中になって、その3年後に、RFT(Resistant Freedom Therapy®)へと発展したのですが、EFT、MR、RFT…セラピーの醍醐味は、進めて行くとどこにも真実がないことに気づくところではないかと思います。

例えば、他者に見ていた投影が大きく落ちた時、
相手の中に見出すものは、まるで見知らぬ人のように何も分かっていない相手だったという事実です。

私たちは良くも悪くも自分の理想の仮面を相手にかぶせて、そういう相手だと(無意識に)決めつけて接しているようなものです。

しかし実は相手のことなど何も見えていないことに気づく時、世界が自分の投影の世界でしかないことを思い知るのです。

果たして私はどれだけ、この人を知っていたのだろう?

親しかった相手に、どう語りかければ良いのか、これまでの接し方を見失うほど衝撃を受けたこともあります。
家族、親しい友人、これまでに出会った人たちのことを、私は本当は、いったいどれだけ知っていたのでしょうか。

そして、そういう自分も、自分自身に真実がないことに気づきます。
それは潜在意識への問いかけによって、いくつかの質問が私の思考の嘘を見抜き、
セラピーによってそこに見ていた像を変化させてしまうからです。

「○○するのが私の夢(理想・希望)」
「私は○○について△△と思う」
「○○は、△△するべきだ」
などなど表層の思いを掘り下げて行くと、潜在意識では、絶望していたり、自分を無いものとしていたり、
多くのセルフイメージが満たされない思いを抱えている姿に出会います。

次々に出会うセルフイメージが癒やされると共に、思考はもちろん、どんどん映し出される世界(他者、社会、自分自身への見え方)が変化し、

「この投影(私が真実だと思っていた世界)は、このセルフイメージが創り出していただけだったんだ、、、」
という体験を繰り返して、
自分はセルフイメージ(ビリーフ)という存在でしかないことを実感します。

もはや私は、自分自身すら、掴みどころのない存在だと知るしかないのです。
私はいったい、どれだけ自分を知っているのだろうか、と。

この肉体が私のすべてで、
私の見る世界が真実で、
私は、私のことを把握出来ていると信じていたのに…。

日々、語り、笑い、悩み、迷い、考え、感じ、恐れ、守り、
情熱を燃やしながら生命を営んでいる私のつもりなのに、
いったい何をもって私だと言い得ることが出来るのでしょう。
私が多くのセルフイメージによって成り立っている存在だと気づいた今は…

pic_b043

しかし、足場を失うように私の世界が崩れたとき、
同時にずーっと気づかないでいた力がそこにあったことに気づきます。

その力は愛と呼べるかも知れません。
その力は叡智と呼べるかも知れません。

自我の完璧な構造に見出すその力は、
一度も離れることなく、失うことなく、
私たちを許し続け、守り続け、受け容れ続けていてくれる、
大いなる私であったと知ることになります。

そして、それが自分に見えたとき、世界にも映し出されます。

生命の営みを支える力であり、創り出す力であり、
私たちが無限の存在であることをセラピーは示してくれるのです✨

💛               💛               💛

現在、個人セッションの受付を締め切らせて頂いております。
ご検討下さっている皆様には大変申し訳ございませんが、しばらくお待ち下さいませ。

また、過去に継続コースを受けて下さった方の、再継続のお申込みは、
最終セッション日から3か月以内とさせて頂きますので、どうぞご了承下さい。

レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン ☞  http://www.resistantfreedomtherapy.com

レジスタントフリーダムセラピーの体験談はこちらです ☞  http://matrixrft.blog.fc2.com/

RFTセラピストの皆さまはこちらです    ☞  セラピスト紹介ページ

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク