Resistant Freedom Therapy®

こんにちは!Matrix Core Transformation  佐藤純子です。
今日もご訪問いただき有難うございます(o^―^o)

RFT講習会のサイトはこちらです  👉  Resistant Freedom Therapy Japan

RFT基礎(自己の癒し)コースの案内ご希望の方は
こちらのフォームからお申込み下さいませ 👉  案内メール申し込みフォーム

前回は、Matrix Core Transformation についてご説明させて頂きましたので、
今回は、RFT(Resistant Freedom Therapy®について書かせて頂きたいと思います。

RFT(Resistant Freedom Therapy® レジスタント・フリーダム・セラピー)は、
タッピングと受容でメリットを紐解きながら、感情(思い)エネルギーを受け容れていくセラピーテクニックです。

メカニズムさえ覚えてしまえば、とても簡単で、シンプルで、
日常の感情反応からトラウマに至るまで、驚くほどパワフルな力を発揮します。
セッションや、ご自身の癒しに取り入れて癒しを進めて頂くことが出来ます。

❇ここで宣伝をさせて下さいませ。
講習会にご興味のある方は、案内メール申し込みフォームへ♪
(早ければ、今年の10月頃から、北海道・東京でも、受講して頂けます)P_20170619_182051                     インストラクターコースの皆様と♥
さて、話を戻しますが、
量子論の説明を借りるなら、私たちはエネルギーという存在です。
エネルギーである以上、どこにも切れ目も区分けもないので、
手放すとか、無くすことなど出来ないはずです。
ですから、「感情受容」のセラピーと言う方が分かりやすいかも知れません。

私たちは、普段、ネガティブな思いや感情を感じないように抑え込みます。

感情を感じたらどうなるのでしょう?
悲しみが溢れたら?
怒りが爆発しそうになったら?
恐怖に包まれたら?

感情に飲み込まれてコントロール不能となって、自分を見失ってしまうと思うのかも知れません。

その理由はそれぞれでも、
「感じてはいけない」「思ってはいけない」と、まるで自動操縦にでもなっているように、
潜在意識ではまったく無意識に抑え込むのは同じです。

RFTでは、これらの感情または思いを
「思って良い」「感じて良い」
または「思ってはいけないと思っても良い」「感じたくないと思っても良い」
など、あるがまま、ありのままに受け入れていきます。

そして、感情や思いを持つメリット(意味・役割など)を見つめて行きます。

そうやって進めて行くと、まったく私たちの思いや感情は、何一つ無駄が無く、
意味や理由がちゃんとあって、すべてに本来の力が秘められていることが分かります。

顕在意識ではどれほど苦しみとなって表れていても、
紐解いていけば、全部持っていて良いものだったということ、
潜在意識では最善であったことが見えてきます。

RFTは、ネガティブなものとジャッジしていた感情(または思い)から、
本当の力・・・あえて言うならポジティブな力(役割・意味・理由)を見いだして、
自分自身に受け入れ、エネルギーを融合し、調和させて行きます。
ポジティブなリソースを自分の内に見出し、定着させることで、
自己愛を高めながら、自分という存在の叡智・完全性への気づきへと至ります。

そして…、やがて、セラピーがもたらすものは、
そこに描き出されたエネルギーの奏でる交響曲のような
ダイナミックな生命の創造性と言えるのかも知れません。
あるがままに、そのままに✨

💛               💛               💛

現在、個人セッションの受付を締め切らせて頂いております。
ご検討下さっている皆様には大変申し訳ございませんが、しばらくお待ち下さいませ。

レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン ☞  http://www.resistantfreedomtherapy.com

レジスタントフリーダムセラピーの体験談はこちらです ☞  http://matrixrft.blog.fc2.com/

RFTセラピストの皆さまはこちらです    ☞  セラピスト紹介ページ

広告
カテゴリー: RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー) パーマリンク